海外旅行

岡山パスポートセンターは土日対応可能?営業時間や証明写真など

この夏は台湾へ旅行すると決定して、チケットの予約をしていたら、大変なことに気付きました。

パスポートが、7月10日で期限切れ・・・

私たちは8月に出発するので、完璧に期限切れ状態です。

取り急ぎ、台北行きのチケットの予約では、パスポート番号と期限を聞かれたので、現在の番号と10年後の期限を書いておきました。

たぶん赤い10年のパスポートで更新したら、2029年7月10日になるだろうなと思ったので・・・

次にパスポートを実際に更新しようと岡山パスポートセンターの営業時間などをチェックしていたら驚愕の事実が・・・

岡山パスポートセンターは土日営業してる?

ちょっと検索してみると、岡山パスポートセンターは土日はお休みと書かれていたんです!

え、そんなバカな。土日しかお休みが取れない人もたくさんいるのに・・・なんで?

もしかしたら、ネットの情報が間違っているのではないかと、さっそく行ってみることにしました。

あ、ほんとだ。

岡山パスポートセンターの営業時間が、入口に書いてありました。

パスポートセンター営業時間

パスポート業務って、つまりパスポートの申請や交付ですね。

申請は、平日午前8時30分~午後5時15分まで。

交付は、平日午前8時30分~午後7時まで。

土日祝と年末年始はお休み。

本気で国際都市を目指しているのか、疑わしいわ。

私が訪れたのは、金曜日の夕方17時30分ごろだったので、中に入って見ると、ど~んとこんなものが立っていました。

岡山パスポートセンター・本日は終了しました

なんか見るだけで腹立たしいわ。

私の場合は、出発まで少し余裕があるからいいけど、急いでいるひとたちは困ると思うんだけど。

岡山でパスポートを急ぎで準備するには?

土日祝と年末がお休みということや夜も早く閉まるから、急いでいる人たちにとっては困る場合もありますよね。

突然の海外出張やとにかく早くパスポートを発行しなければ困る人達のために、岡山県では「早期発給制度」というものがあるようです。

ただ、誰でもOKなわけではないので、事前に以下の電話番号で確認してください。

申請要件に該当するか確認し、必要書類の不備等を防ぐため、必ず事前に電話でお問い合わせください。

電話番号:086-256-1000(岡山県国際課海外渡航班)

申請日を含めた3日後の午後1時以降に発行できるそうです。

スポンサーリンク

詳細は岡山県のHP(パスポートの早期発給制度)でご確認ください。

私は急ぎじゃないから、とりあえず10年の申請用紙を家に持ち帰りました。

ちなみにパスポートって10年のほうが絶対お得ですよね。

私は海外が好きだから、パスポートがいつも有効じゃないと嫌だわ。

毎日持って歩きたいくらい。

「ふと気が付いたら、空港にいて、空席のある飛行機で海外に行ってみた!」

な~んてね。やってみたいわ~。

パスポートに必要な証明写真と戸籍謄本・抄本

「パスポートの申請って具体的に何が必要なんだっけ?」

と改めて申請用紙の書き方を見ていると、

  • 身分証明書(免許証など)
  • 証明写真1枚
  • 戸籍謄本・抄本(発行日から6ヵ月以内)
  • 前回のパスポート(更新の場合で期限が切れていても持参)

以上が必要です。

免許証は常に持っているからいいとして、取得すべきは証明写真と戸籍謄本・抄本ですね。

証明写真

まず証明写真ですが、岡山パスポートセンター内には自動の証明写真機はありませんでした。

が、外に出るとKi-re-iがありました。

証明写真機履歴書と違って、証明写真なのでレギュラータイプで良いとすれば、価格は800円。

以前、私が大好きで通っていたカフェのところにも写真屋さんが入っていますが、そちらは1,200円のようです。(腕前はわかりません)

800円より安く写真が撮れる証明写真機はあるはずなので、事前に撮影して持っていった方がよいでしょうね。

戸籍謄本・抄本

岡山パスポートセンターの中に、市民サービスコーナーがあります。

そこで、戸籍謄本・抄本は取得することができます。

料金は、1通450円です。

※但し、有効期間内の申請でパスポートの氏名、本籍の都道府県名および性別に変更がなければ戸籍謄本・抄本は不要です!

まさに私はこれに該当したので、その場で450円を返してくれました!!

(隣の市民サービスコーナーの方からもらっていました。市役所とか別の場所で戸籍をとっていたら、この対応はなかったかも・・・)

営業時間は、パスポート申請と同じで、

平日午前8時30分~午後5時15分です。

終了間際に行くとイライラすると思うので、早めに仕事を切り上げていくか、午前中にササっと行くのが良いでしょう。

パスポート発行の費用

パスポート発行にかかる費用として、

10年であれば、収入印紙16,000円と戸籍謄本・抄本の450円を合わせて、16,450円。

5年であれば、収入印紙11,000円と450円で、11,450円を用意すればOKですね。

申請日から1週間で発行されます。

夏の旅行が近づいている今、早めにパスポートの申請を済ませておかないと大変なことになりかねません。

パスポートの有効期限を忘れずにチェックして、楽しい海外旅行を計画しましょうね!

スポンサーリンク