早起き

主婦が早起きしてブログ?目覚ましで二度寝をわざとする理由を解説

主婦だからこそ、空いた時間を利用してブログを書いてみよう!

そう思ってブログを開始したものの、日中はまとまった時間が取れない。。。

そこで思いついたのが、早起きです!

もともと早起きが苦手で、夜型の私が、朝4時に起きるなんてできるのかしら・・・?

当初はそう思っていましたが、なんと私、午前4時に毎朝起きているんですよ~。

今回は、早起きの苦手だった私がどのようにして早起きを実践しているのかをご披露したいと思います!

スポンサーリンク

主婦が早起きしてブログを始めた理由

定年のことを考えるにはちょっと早いかもしれないけど、サラリーマンの副業・複業などが話題になっている今日この頃。

私はパートに出てはいるものの、もっと毎月の収入を増やせたらなぁ~と思うことが最近増えてきたんです。

車や住宅ローンも早く返済して負担を軽くできたら、国内・海外問わず、もっと旅行に出かけることもできるし。

だけど、パートの掛け持ちをするほど元気がありあまっているわけではないので、ブログというものに挑戦してみたい!とずぅ~っと思っていたんですね。

パソコンやインターネットは、意外と得意だったので・・・。

ブログ以外の選択肢も考えたのですが、ブログを運営することに最も魅力を感じたのは、次のような理由からです。

  • これからの時代は発信力を高めることが大切だと言われている
  • 文章を書くことは嫌いじゃないけど、まだ上手じゃない
  • 趣味や自分が学んだことを世界中の人にシェアできるって素敵(いまは日本語が読める人達に限定されるけど、そのうち英語でも書いてみたいわ)
  • 時間と場所を選ばないので、海外に行ったとしても継続できる

こんなにやりたい理由がはっきりしているのに、いざ始めてみるとブログを書く時間がなかなか取れなくって。。。

これは早朝しかない!

と早起きを試みたものの・・・

毎日、目覚まし時計のSNOOZE(スヌーズ)ボタンを何度も何度も押して、結局起きれなかったんです。

何度も挑戦したんですけどね。

二度寝をしない方法の模索

二度寝してしまって、起きれないことで積み重なる罪悪感。

「私のブログに対する情熱なんてそんなもんなのかも・・・・」

と諦めかけたんです。

でも、私、今回は踏みとどまってみたんですよ。

だって、数年前からブログを始めた人たちが、スキルアップして本を出版したり、時間や場所に縛られない夢のような生活を送っている。

私も2年以上前から、ブログはやってみたいと思っていたのに、取り掛かろうとしては止めて、また始めては止めて・・を繰り返してたんですよね。

あの時、踏ん張っておけば、私だって夢のような生活を実現できたかもしれないって、すごい悔しかった。

だから、二度寝をしない方法を真剣に調べてみたんです。

いま早起きの人たちの中にも、昔は朝が苦手だった人もたくさんいるわけだから、私にだってできるって、自分を信じることにしました。

いつもは調べて終わりなんだけど、今回は違います。

「本気で実践する!」と決意しました。

スポンサーリンク

調査の結果、二度寝しない方法として挙げられていたのは、以下の方法です。

  1. 目覚ましをベッドから遠くに置いて、立ち上がることを必然にする
  2. 起きたらすぐにシャワーを浴びる
  3. カーテンを開いたままで寝る
  4. 布団の中でストレッチをする
  5. 布団の中でガムを噛む

実践した結果、

効果がなかったのは、(2)、(3)、(4)です。

(5)については、私はガムが嫌いなので、そもそも実践する気になれませんでした。

最も効果があった方法は、(1)の目覚まし時計をベッドから遠くに設置する方法だったのです。

でも単純に遠くに設置しただけでは、ツライときはまたベッドに戻ってきて眠ることがあったので、これに改良を加えた方法を見つけ出しました!

次で詳しく紹介しますね。

目覚ましを使って二度寝をわざと実践?

改良を加えた方法?

それは逆転の発想で、二度寝をOKにしたんです!

つまり、「二度寝はしてもいいんだけど、5分だけ」っていうルールを作ったんです。

具体的には、

  1. 目覚まし時計を2つ用意する
  2. そのうちの1つをベッドから離れた窓際に設置する(起床時間に設定)
  3. もう1つをベッドのそばに置き、こちらは起床時間の5分前に設定する
  4. 朝、ベッドのそばでアラームが鳴っている目覚まし時計を止めて、気持ちよく二度寝に入る
  5. 二度寝で得られた5分のしあわせをしっかりと味わう(これ大事です!)
  6. 窓際の目覚まし時計が鳴ったら、素早く「エイッ!」と起き上がって、アラームを消して洗面所へ行き、顔を洗う

これ、ウソみたいなんですけど、効果抜群でした。

実践して以来、目標の起床時間に起きられるようになったんですよ、ほんとに!

元々は午前6時30分~7時くらいに起床していたので、いきなり午前4時に起きるのは無謀だと思ったので、最初は午前5時に目標設定しました。

つまり、ベッド際の目覚ましは午前4時55分にセット。そして、窓際は午前5時です。

これまで苦労したのは何だったんでしょう!

段階的に起床時間を早めていって、午前4時半起床。

そして遂に午前4時起床を実践しています。

momo達成感

まとめ

朝がとても苦手だった私にとって、嘘のような本当の話です。

もしかしたら、午前4時起きに成功している理由は、どうしてもブログをやりたいという熱意があったからかもしれないです。

いくら早く起床しても、その時間に何をしたらいいのかはっきりしていないと、早起きの必要がないので、無理かもしれません。

今、あなたがどうしても達成したい目標があって、早起きしなければ時間の捻出が難しいという状況にあるなら、私の紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

あなたもEarly Riserになれますように!

スポンサーリンク