映画

【ライオン・キング実写版】悪役スカーの海外の評判は?

『ライオン・キング』の実写版がもうすぐ劇場公開ですね。

私は、映画が大好きなので確実に見に行く予定ですが、

海外での評判を読んでいると、気になることがあったのでシェアしますね。

それは、悪役スカーのことです。

悪役スカーって誰?

「スカーって誰だっけ?」と思われている方のために説明しますね。

スカーは、主役のシンバからいうと叔父さんになります。

王であったシンバのお父さん・ムファサを殺し、シンバを追放してしまう悪役ですね。

権力のためならなんでもするタイプのツワモノです。

王座についていく過程で、ハイエナたちと手を組むところも悪役らしくてわかりやすいですね。

実は人気者だったスカー

そんな悪役のスカーですが、実はスカーのことを好きなライオン・キング・ファンも多いんですよ。

その理由は、

声と歌唱力

です。

“Be prepared”(準備をしておけ)っていう曲が、スカーの持ち歌のような感じなんですね。

それが、今回のアルバムに入っているらしいって話題になっていました。

色気のある声がカッコイイと評判だった前作。

2019年の実写版ではどのような仕上がりになっているのか、とても楽しみです。

スポンサーリンク

実写版スカーへの海外の反応

陰で人気のある悪役スカーですが、、、

実写版のスカーを予告編で見たファンたちが、

「これは私の知っているスカーじゃない!」

「こんなんじゃない!!」

って悲しんでいるんです。

「なんで2019年版のライオン・キングを見たい人がいるんだろう? スカーがこんなになっちゃったのに・・・」

って言ってますね。

どうやらスカーの声優を担当しているキウェテル・イジョフォーの歌声にも不満がありそうです。

さぁ、いったいどのような出来ばえなのか、ほんと楽しみですね!

ちなみに、twitterでは、#NotMyScar (私のスカーじゃない)というハッシュタグが作られているようです。

もし気になったら、ツイッターも見てみてくださいね~。

スポンサーリンク