台湾

台湾旅行ではSIMカードかWIFIレンタルどっちにする?

8月の台湾旅行に向けて着々と準備を進めています。

今日は、台湾でスマホを使うための準備。

ぱっと思いついたのは海外旅行用のレンタルWi-Fiだったんですが、よ~く考えてみると私たち夫婦は格安スマホ派。

だから、SIMフリーのiPhoneを使っているんですよね。

ということは、Wi-Fiにこだわる必要なしです。

どっちにしようか、少し迷った結果、決めました!

スポンサーリンク

台湾旅行ではSIMカード利用に決定!

いきなり結論ですが、

「私たち夫婦はSIMカードを利用することを誓います!」

な~んて大げさに宣言する必要ないって・・・。

その理由は、以下の通りです。

  • レンタルWi-Fiは重い
  • 事前予約が必要
  • 地方の空港では不便(私たちは岡山からタイガーエア―に乗ります)
  • 価格も割高?というか、価格比較をすること自体がめんどくさい
  • 日本で準備すること自体がイヤ

それぞれ詳しく説明しなくてもわかりますよね。

岡山桃太郎空港で受け取れるレンタルWi-Fi

そもそも岡山空港で受け取り可能なレンタルWi-Fiサービスの数が少なすぎる!

JAPAEMO(ジャパエモ)しかないみたいです。

宣伝を頻繁に行っている大手のレンタルWi-Fi会社は、もっと大きな空港でしか受け取ることができません。

やっぱ岡山はナメラレテルわ。

よく知らない会社のサービスを使うのって怖いし、万が一、現地にいってうまく繋がらなかったらどうしよう・・・と思うんですよ。

スポンサーリンク

私、いま日本で使っているWi-Fiで失敗してるから、余計イヤなんですよね。

割引が効いて1日700円台ってのも引っかかるしね。。。

事前予約が必要で、しかも受付で待たされて、さらに持ち運びするにも重くって・・・

となると、絶対にSIMカードの方が便利です。

台湾旅行を満喫する意味でもSIMカード

価格よりも何よりも、私がSIMカードを選択する理由は単純。

せっかく海外に行くんだから、海外のサービスを海外で受けるという体験がしたい!

に行くなら、台湾で提供しているサービスをフル活用したいってわけです!!

そりゃ、日本語しか話せなくて海外旅行をしたこともないような人たちなら、

日本ですべてを用意周到に準備して、不安要素をすべて消しておきたい気持ちはよ~く分かります。

私も昔はそうでしたからね。

中国語はできなくても海外経験はあるし、英語も不自由なく扱えるんだから、できる限り台湾一色で旅を満喫したいんです!

何が何でもSIMカードを使ってみたい!!

って気持ちで溢れかえってくるんです。

すっごい高額だったら考えますけど、レンタルWi-Fiよりも安くて(1日300円以下?)、台湾で使える電話番号ももらえるなんて、魅力的すぎます!

もちろん、現地に行ってイヤな体験をすると意見が変わっている可能性大です。

(乞うご期待)

というわけで、レンタルWi-FiとSIMカード対決は、あっさりとSIMカードの勝ちとなりました。

次は、SIMカード会社の比較をしてみますね~。

スポンサーリンク