気になる人物

なぜサニブラウン選手は北九州市生まれなの?出身高校や大学も

2019年6月18日にテキサス州オースティンの男子100メートルで9秒97の日本新記録を出したサニブラウン選手。

9秒98の記録を持つ桐生祥秀選手との決戦に注目が集まっていますね。

サニブラウン選手は、ぱっと見が外国人みたいなので、日本人じゃないと思っていたんですが、お母さんが日本人でお父さんがガーナ人なんですね。

なにかと気になるサニブラウン選手についてもう少し調べてみましょう。

スポンサーリンク

サニブラウン選手は北九州生まれ?

サニブラウン選手のプロフィールでは、東京出身と言われているけど、北九州で生まれたという話もあります。

本当のところはどうなんでしょうか?

実は、サニブラウン選手の母親の明子さんは福岡県宗像市の出身。

お母さまが実家に里帰りした際に北九州市の病院でサニブラウン選手を生んだということなんですね。

<サニブラウン選手のプロフィール>

名前 サニブラウン・アブデル・ハキーム
所属 フロリダ大学
身長 188センチ
体重 78キロ
生年月日 1999年3月6日生まれ
出身高校 城西大学附属城西高校

お母さまの明子さんは旧姓が伊藤さん。

ハードルでインターハイ出場経験があって、彼に陸上を勧めたらしいんですよね。

お母さまの写真を見ると、すごく若々しくて、どこか日本人ばなれしています。

スポンサーリンク

さすがガーナ人と結婚するだけあるわ!

つまり、サニブラウン選手のお父さんは、ガーナ人ってこと。

ガーナはアフリカのこの位置にあるんですね。

お父さんのお名前はラティフさんで、彼の影響で、幼いころはサッカーをやっていたというサニブラウン選手。

お父さんとは英語で会話をしているはずだから、バイリンガルなのかと思いましたが、インタビューの英語を聞いてみると・・・

ネイティブレベルというよりは、日本で英語を頑張って勉強した感じの話し方ですね。

サニブラウン選手の出身高校や大学

高校時代からかなり注目を集め始めたサニブラウン選手。

なので、出身高校についてはよ~く知っている人も多いはずです。

城西大学附属城西高等学校ですね。

高校一年生のときに100メートル10秒45という記録を出し、歴代1位の王座に輝いています。

現在の城西高校陸上部のホームページをみると「目指すは日本一」というスローガンが掲げられていますね。

公式映像もあって本格的です。

こんな環境にいると日本最速選手になれそうな気がします。

そして、大学はフロリダ大学へ進学。

単に1年程度留学しているのかと思ったら、進学しているんですね!

スゴイ!

アメリカの大学は、まさに文武両道が求められるので、さらに素敵な選手へと成長されることでしょう。

ガーナ人と結婚するようなお母さまがいらっしゃるってことは、もしかしたらそのままアメリカに住んでしまうかもしれませんね。。。

フロリダ大学卒業後の彼の動きが気になります。

その前に2020年の東京オリンピックで、どんな素晴らしい活躍を見せてくれるのか、そっちの方が今は気になっていますけど。。。

まとめ

スポーツ界では、いろんな経歴の持ち主が戦える。

そこには国境とか人種とか、そんなものを飛び越えた世界がある。

最近の若い選手の活躍をみていると新しいグローバルな波を強く感じますね。

サニブラウン選手が、これからどのような選手になっていくのか、本当に楽しみです。

私の中で、いまスポーツがアツイです!!

スポンサーリンク