気になる人物

近大工学部マグロボCMのセリフがかっこいい!書き起こしとBGM主題歌

こんにちは、モモです!

近畿大学(近大)工学部って広島にあるんですけど、そのマグロボCMのクオリティが高くて話題になっていますよね。

そのCMの中で主人公の女の子がしゃべっているセリフがカッコイイなぁ~、いまの若い子っぽくていいなぁ~と思ったので、書き起こすのが面倒なあなたのために、代わりに書き起こしてみました。

スポンサーリンク

近大工学部CMのセリフの書き起こし

主人公で近畿大学工学部ロボティクス学科の「梅野れい」を演じている大原梓(おおはらあずさ)さんが解き放つコトバがカッコよすぎて、思わず前のめりになってしまいました。

では、書き起こしたセリフをどうぞ↓

私って何者?

ググったところで答えは出ない。

<自転車と衝突・・・立ち上がり、再び駆け出し始めるとき主題歌が流れ始める>

毎日はタイムラインの上を無造作に流れていく。

そこにリアルはあっても、リアリティーは・・・ない。

人生は爆ツイなんてできないんだ。

大人が導き出した正解は、いとも簡単に崩れていく。

古いままの世界はいずれ不具合を起こしてしまうだろう。

じゃあ、未来をつくるのは・・誰?

それは・・・

私たちに、決まってる。

いやぁ~最近の若者のコトバって、カッコいいわ!ほんとに!!

「ググる」「タイムライン」「リアルはあっても、リアリティーはない」「不具合」

このあたりが特にいいですね。

物事について真剣に考えている若者の声をうまく描写できていると思います。

スポンサーリンク

さすが、近大はおもしろい!

最後の男の子が広島弁で「ぶち かっこえー」って言うんですけど、「めっちゃカッコえ~ってことなんですよね。

オタク役をやっているのは、NSC福岡1期 ザ・ローリングモンキーのカツキさんです。

いい味を出してくれてますよね↓

マグロボCMのBGM主題歌は?

近大工学部のCMで自転車と衝突した後に流れているのは、zooの「大人になる」です。

普通なら、BGMで流れている曲の歌詞と大原梓さんのセリフがぶつかってゴチャゴチャしそうなのに、うま~く融合していましたね。

これ、すごい技だと思います。

近大工学部CMは、細田守の世界とハリウッドの融合体?!

全体的に完成度の高いCMで、びっくりしてしまいますが・・・

まさに、最近話題の細田守監督の世界観とハリウッドのロボット系映画が融合したもの。

そんな印象を受けますね。

若い人の気持ちを捉えつつ、日本だけじゃなく、広い世界へと導いていく。

しかも、自発的に。

そんな場の提供ができる大学、それが近大なんだって。

いや~、ほんとに上手すぎます~。

もう一度、若い頃に戻って、一緒に新しい世界を作っていきたくなりますね!!

スポンサーリンク