プログラミング

VS CodeでPythonコードを実行!便利なCode Runnerとは

いよいよ実際にPythonプログラムを書いてみる。

初心者が最初に書くコードといえば、やっぱり「Hello World!」と表示させるものだ。

ただ、僕はめんどくさがりなので、Hello!だけにとどめておく。

実際のPythonコードはこれ。

print(“Hello!”)

これを書いて、.pyという拡張子で保存して、CMD(コマンドプロンプト)で実行すればいいわけだが・・・

毎回、そんなことをするのはやっぱり面倒。

そこで登場するのが、Code Runnerというプラグイン(エクステンション)だ。

今回は、Code Runnerをインストールして、「Hello!」という文字を表示させるところまでやってみる。

スポンサーリンク

Code Runnerのインストール方法

これまでやってきたように、左側にある四角いアイコンをクリックし、検索窓に「Code Runner」とタイプする。

Code Runnerを検索

するとオレンジの文字で「.run」と書かれたものが結果表示されるはずだ。

そこをクリックして、インストール(install)と書かれたボタンをクリックすればOK。

これでインストール完了!

とても簡単だった。

はじめてのPythonコードを書く!

では、さっきの初心者がはじめて書く代表作のコードを書いてみよう。

さっきのコードというのは、これのことだ。

print(“Hello!”)

実際の画面はこんな風に見える。

はじめてのPythonコード

これをCode Runnerで実行しようとしたのだが、うんともすんとも言わない。

ん?こんな簡単なコードを間違えるなんて、どうしよう。

スポンサーリンク

僕にはPythonは向かないのか?!

なんて焦っていたんだが、上の画像を見たら分かる通り、ファイルを保存していなかった。

Ctrl+S」を押してみると・・・

Pythonコードの保存

紙が二枚重なったようなアイコンの上にあった1という数字がなくなった。

たぶん「未保存のものがありますよ」って意味だ。

よし、これで準備は完了!!

Code RunnerでPythonコードを実行する

いよいよCode Runnerを使って、Pythonコードの実行だ。

って、どうやって実行したらいいのか・・・。

Ctrl+Alt+[N]

これらのキーを同時に押せばいいらしい。

[N]は、ふつうにキーボードのN、ひらがなの「み」って書いたところを押すってことだ。

やってみるぞ。

Pythonコードの実行

おっ~、感動だ。出力表示できた。

Hello!という文字が見えるだろうか。

まとめ

Pythonで簡単なコードを実行してみた。

実行するときにCode Runnerを使えば、簡単に実行できることがわかった。

手順としては、

  1. Code RunnerをExtensionsからインストールする
  2. コードを書く
  3. Ctrl+Alt+Nを同時に押す
  4. 実行完了!

たったこれだけ。

実際にコードを書いて試してみよう!

スポンサーリンク